派遣・転職・求人・教育サポートなら人材総合サービスのシグマスタッフへ

オンライン仮登録 スタッフ専用ページ

介護業界を助ける存在「介護補助員」とは

介護ロボットってどんなのがあるの? 介護ロボットの現状と今後

今後増えていく高齢者を支え、介護現場の負担軽減のために政府が創設した「介護ロボット等導入支援特別事業」。
介護ロボットとは、いったいどのようなロボットなのでしょうか。

注目されている介護ロボットの現状と今後について紹介します。

介護業界を助ける存在「介護補助員」とは

介護業界を助ける存在「介護補助員」とは

介護を必要とする高齢者が増加する一方で深刻な人材不足が続く介護業界。
そんな中、「介護補助員」という職業が注目されています。
耳慣れないこの職業、どのような資格が必要とされるのでしょうか?

つらいばかりじゃない! 介護職に就くメリット

つらいばかりじゃない! 介護職に就くメリット

介護職は重労働やつらい仕事というイメージを持たれることの多い職業。
しかし、実際にこの仕事に携わってみれば、やりがいやメリットを感じられる部分も多いことがわかります。
介護の仕事をしている人はどんな点をメリットややりがいとして感じているのかをご紹介します

介護のコツってどんなものがある? これから介護を始める方必見!

介護のコツってどんなものがある? これから介護を始める方必見!

誰の生活においても介護の必要性はいつ発生するか分かりません。老いていく家族の介護が、ゆるやかに始まることもあるでしょう。
あるいは突然の身内の事故などでその日が来るかもしれません。

それは職業としての介護を選んだ人であっても、そうではない人であっても同じ事です。
不慣れな介護に戸惑ってしまわないように、介護に関して「気持ち」と「体」の面から気を付けるべきポイントをみていきましょう。

「混合介護」とは、より良いサービスを受けるためのきっかけ?

この先どうなる? 増え続ける「介護難民」の現状と今後

「混合介護」という言葉をご存じですか?
介護の現場で近年よく使われるようになってきた言葉で、概要としては「介護保険による介護」と「自費による介護行為」の混合した介護のことです。

なぜそれがいま話題となっているのか、詳細をご説明しましょう。

この先どうなる? 増え続ける「介護難民」の現状と今後

この先どうなる? 増え続ける「介護難民」の現状と今後

介護が必要な状態でありながら介護を受けることができない「介護難民」は、社会の高齢化と共に毎年増加傾向にあります。
今後社会的な大きな問題に発展していくと予想されており、迅速な対応が求められている状況です。

今回は、そうした介護難民の現状と今後についてお伝えします。

シニア世代の仕事に「介護職」は向いている?

シニア世代の仕事に「介護職」は向いている?

定年退職後や子育てを終えた方のなかには、老後の仕事として「介護職」を検討している方も多いのではないでしょうか。
実際に近年は60代~80代のシニア世代の介護職従事者も増えてきています。
とはいえシニア世代となると、介護職へ挑戦することに対する不安も多いかと思います。
ここではシニア世代が介護職として働くことについて考えていきましょう。

サービス介助士の資格 活用できるのはどんなシーン?

サービス介助士の資格 活用できるのはどんなシーン?

近年さまざまな業界から注目を集めているサービス介助士というお仕事をご存じですか?
サービス介助士とは「おもてなしの心」と「正しい介助技術」の両方を持ち、メンタルとフィジカルの両面から体の不自由な方をサポートする技術を持った人のことです。

資格の取得方法は? サービス介助士の仕事のご紹介

資格の取得方法は? サービス介助士の仕事のご紹介

サービス介助士というお仕事についてご存じですか?
別名ケアフィッターとも呼ばれるこの資格について近年注目が集まっています。
ここではこのお仕事についてどのようなお仕事であるか、資格の取得方法についてご紹介していきます。



人材不足の保育施設で、注目されるシニア世代の働き方

人材不足の保育施設で、注目されるシニア世代の働き方

近年の保育士の有効求人倍率は、なんと5倍以上にも登っています。仕事を求めている保育士1人に対しての求人が5件以上ある極端な売り手市場となっているのです。
この原因については、保育士に要求される長時間労働やそれに対して支払われる給与の低さなどの問題が挙げられますが、原因はさておき、この極端な人手不足をフォローするための人手が必要です。
そこで、会社を定年退職して生活の時間に余裕のあるシニアに注目が集まっています。

介護職の方におすすめのストレス解消法4つ

介護職の方におすすめのストレス解消法4つ

介護職の現場では日々想定外なことも発生するため、ストレスを溜めがちになってしまいます。
介護のお仕事をスムーズに行うためにも、溜まったストレスは上手に発散していきたいものです。

今回は介護職の方にオススメのストレス発散方法と、ストレスとの付き合い方についてご紹介します。

定年後もまだまだ働ける! シニア世代の働き方

定年後もまだまだ働ける! シニア世代の働き方

かつては60歳定年制を取っていましたが、2025年には全ての企業の定年は65歳になるといわれています。
このように高齢者でも働くことができる環境が少しずつ出来つつありますが、それでもシニア世代での働き方となると、若者がいる中で再就職はなかなか難しいですよね。

しかし企業によっては雇用年齢に上限を設定していない会社もあるのです。
定年後の方でも元気に仕事ができるお仕事・働き方を紹介します。

肩こりは職業病? デスクワークも多い介護職の肩こり解決法

肩こりは職業病? デスクワークも多い介護職の肩こり解決法

日本人は首周りの骨格が華奢で、欧米人よりもひどい肩こりに悩む人が多いと言われています。

実は、高齢者や病人の介護を担う介護職の人こそ注意しなくてはいけないのです。

少数派!? 介護職の「男性」が抱える悩み3つ

少数派!? 介護職の「男性」が抱える悩み3つ

介護の現場は一般的に女性が多い職場です。
介護職の男性はそういった女性中心の職場の中で働いていく必要があります。

このような環境の中で、男性介護職員が抱く悩みにはどのようなものがあるのでしょうか。
主なものを3つご紹介します。

2025年には38万人不足する? 介護士不足問題の対策とは

2025年には38万人不足する? 介護士不足問題の対策とは

2025年には、介護業界の人材不足は約38万人不足すると言われています。
2025年には段階の世代は75歳となり、現在1500万人程度の後期高齢者は、2200万人にまで膨れ上がるのです。

人口も減少していることもあり、2025年には4人に1人が後期高齢者という超高齢化社会がやってきます。
では、国はどのような対策を取っているのでしょうか?

介護士は年収は安いって本当? 国の対策は?

介護士は年収は安いって本当? 国の対策は?

介護士は年収が安いというイメージがありますが、実際のところどうなっているのでしょうか?
最近では、介護士の労働や給料、待遇など大幅に見直されてきています。

ここでは、介護士の給料事情についてご紹介します。

介護職の方におすすめ! レクリエーションのアイデア5選

介護職の方におすすめ! レクリエーションのアイデア5選

レクリエーションのネタが尽きてしまい、いつも同じような催しになってしまうことに悩みを抱えている方も珍しくありません。
高齢者の方々も、同じようなレクリエーションが続いてしまうと介護施設が楽しめなくなってしまう恐れがあります。

そこで、今回は介護職のレクリエーションで使えるアイデアを5つご紹介します。

外国人介護士が増える? 受け入れで介護現場はどう変わるか?

外国人介護士が増える? 受け入れで介護現場はどう変わるか?

日本では「日・フィリピン経済連携協定」などにより、平成20年以降にフィリピン、インドネシア、ベトナムから多くの外国人介護士を受け入れてきました。
そして、2016年には外国人が働きながら日本で技能を学ぶことができる「外国人技能実習制度」に介護職の項目が追加され、さらに増える外国人介護士が与える影響に注目が集まっています。
ここでは、今後増えることが予想される「外国人介護士」がどのような影響をもたらすのかご紹介します。

新三本の矢で保育士・介護士の待遇は本当によくなる?

新三本の矢で保育士・介護士の待遇は本当によくなる?

以前から叫ばれ続けている保育士と介護士の人材不足。
介護士の場合2025年には30万人が不足すると試算されており、一刻も早い人員を確保するための待遇改善が必要とも言われています。

では、今現在どのような対策が打ち出され、どこまで進んでいるのでしょうか?

まずは違いを知ろう! 介護士から看護師を目指すメリットとは?

まずは違いを知ろう! 介護士から看護師を目指すメリットとは?

近年では介護士の仕事を一通り経験した後に、看護師へとキャリアチェンジする方が増えてきています。
せっかく積み上げた介護士のキャリアを捨て、看護師を目指すには理由があるのです。
今回は介護士と看護師の違いと、キャリアチェンジを行う理由について紹介します。

介護士の仕事、介護施設でのお仕事と訪問介護のお仕事のメリット・デメリット

介護士の仕事、介護施設でのお仕事と訪問介護のお仕事のメリット・デメリット

介護士の職場として代表格となる「介護施設」と「訪問介護(個人宅)」。
さて介護の仕事をする場合、一体どちらの職場が良いのでしょうか。
それぞれのメリット・デメリットを交えながらご紹介していきます。


「腰痛」になりやすい介護職、その原因と対処法は?

「腰痛」になりやすい介護職、その原因と対処法は?

腰痛というのは、体質や加齢などの影響で起こることもありますが、それ以上に日々の生活(特に仕事)で起きることが多いです。
そして、特に腰痛になりやすいといわれているのが介護の仕事です。

介護職はなぜ腰痛になりやすいのか、また腰痛になった場合の対処法についてご紹介してきます。

合格後は何が変わる?「介護福祉士」のメリットと取得方法

合格後は何が変わる?「介護福祉士」のメリットと取得方法

介護職は、資格が無くても始められる職業です。
入職後のキャリアアップを考えるならば介護福祉士の資格を取得することをお勧めします。
合格後は介護される方からの信頼にも繋がりますし、転職の際にも有利に働くこともあります。

介護士必見!夜勤明けにしておきたいリフレッシュ方法

介護士必見!夜勤明けにしておきたいリフレッシュ方法

介護士として働いている方の中には、職場によっては日常的に夜勤をしている方も多いのではないでしょうか。
しかし、そもそも人間の体は明るい時間に活動をするようにできているため、夜勤の仕事は肉体的に辛いものです。

では介護士は、どのようにして夜勤の仕事と付き合っていけばいいのでしょうか。

介護士に多い「人間関係の悩み」を解決するには?

介護士に多い「人間関係の悩み」を解決するには?

介護士として働いていくためには、施設を利用する高齢者はもちろんのこと、一緒に働く職場の仲間達との人間関係も上手に築いていかなければなりません。

しかし皆さんの中には、なかなか人間関係が上手くいかずに悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

認知症患者をケアするときに大切なポイント

認知症患者をケアするときに大切なポイント

介護の現場では、認知症の方と接する機会が多くあります。
しかし認知症といってもその症状はひとりひとり違いますし、それぞれにとって適切な対応が分からず、苦手意識をお持ちの方もいらっしゃることでしょう。
認知症の方の気持ちを理解し、ひとりひとりに合った最適な介護を行うためにはどうしたらいいのか、注意点や必要な心構えをまとめてみたので参考にしてみてください。

介護士にはどんな能力が必要とされている?

介護士にはどんな能力が必要とされている?

どのような仕事にも向き不向きというものがあり、もちろん介護士という職業にもそれは当てはまります。
特に長続きしないケースが多いと言われる介護士ですが、実際のところはどういった人に向いている職業となっているのでしょうか。
今回は介護士に必要とされる能力について解説します。

未経験・無資格のまま介護職になるには?

未経験・無資格のまま介護職になるには?

介護職の仕事は未経験・無資格でも始めることが可能です。

しかし実際に未経験・無資格のまま介護職として働き始めるのは、決して簡単なことではありません。
そこで今回は「介護士の仕事を未経験・無資格の状態で始める方法」についてご紹介していきたいと思います。

介護福祉士の資格はどうすれば取得できる?

介護福祉士の資格はどうすれば取得できる?

介護に関係した資格はたくさんありますが、その中でも特に介護職として働いていく上で取得しておくべきなのが「介護福祉士」です。

今回は介護業界未経験の方や介護職初心者の方に向けて、介護福祉士という資格の内容について詳しく紹介していきたいと思います。

再認識したい、みんなが感じている「介護職のやりがい」

再認識したい、みんなが感じている「介護職のやりがい」

介護職にはハードな部分も多いですが、介護の仕やりがいが大きいのも事実です。
今現在、介護の仕事について思い悩んでいる方は、自分が介護の仕事のどんなところにやりがいを感じるのかを再確認してみることをおすすめします。
実際に介護職に従事している方たちが、どんなやりがいを感じているかをご紹介していきます。

知っておきたい、介護職の人が抱える悩み

知っておきたい、介護職の人が抱える悩み

介護職はやや特殊な仕事内容なため、特有の悩みも多い仕事です。

介護職を長く続けていこうと考えている方は、この仕事に従事する人が抱えている悩みもよく理解しておくことが大切です。
介護職の方が一体どういった悩みを抱えているのかについてご紹介していきます。