派遣・転職・求人・教育サポートなら総合人材サービスのシグマスタッフへ

オンライン仮登録 スタッフ専用ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

時短や工夫で仕事の効率もアップ! いろいろな時短術<

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

時短や工夫で仕事の効率もアップ! いろいろな時短術

時短や工夫で仕事の効率もアップ! いろいろな時短術

時短や工夫で仕事の効率もアップ! いろいろな時短術

働く人にとって、朝はいつも忙しい時間帯です。
着る服がなかなか決まらないという方もいれば、家族のお弁当を用意したり、子どもを送ったりで忙しくて自分のことに集中できないという方もいるでしょう。

ここでは、仕事の効率を上げるための時短術をご紹介します。

朝の時短術

・朝食に常備菜(作り置き)を使ってワンプレートに
子どもがいる場合、子どもを送り出すまでの時間はとても慌ただしいものです。
朝食だけでも効率よく準備できれば、その慌ただしさは軽減されます。
朝食には常備菜のほか、まとめて用意できるゆで卵やおにぎりを合わせれば完成です。
ワンプレートに抑えられるため、洗い物も少なくなり時短の効果も大きく得られるでしょう。

・小まめに料理をストックしてお弁当に活用
子どもや自身のために普段からお弁当を作っている方もいるでしょう。
お弁当のために毎朝調理するのは、面倒なもの。そこで、常備菜を少量ずつラップで包んで冷凍して保存しましょう。

時間のあるときに多めに作ったおかずを、1食分ずつラップに包んでおくことで、すぐにお弁当に活用することができます。
常備菜は冷凍すれば、ある程度日持ちします(食材や調理法により異なります)。

仕事の効率アップ時短術

・雑務を朝一番に片づける
雑務というのは、モチベーションがそこまで上がらないもの。
しかし毎日確実にこなさなくてはいけません。
そこで、気分もスッキリしていて集中力もよい朝一番に片づけることで、後の仕事の予定が立てやすくなり、また雑務も心配する必要もなく集中して本業をこなすことができます。

・時間を区切って仕事を割り当てる
人間の集中力はいつまでも続きません。同じ作業を延々と続けるのはどんどん効率が下がっていき労働時間を長くしてしまいます。
そこで、時間を区切って仕事を切り替えるという工夫が効果的です。

たとえば、集中力の要る仕事とあまり集中力を必要としない仕事を交互にするなどもおすすめです。
また、1時間ごとに仕事を切り替え、またそのタイミングで立ち上がって伸びをするなど気分転換することも、効率よく仕事が進み、結果的に時短につながるよい方法です。

着る服が決まらないときの対策

着る服が決まらないときの対策

コミュニケーションを取る際の基本的なポイントを紹介します。

・定番のコーデを決めておく
毎晩明日の服を決めるのも面倒という方もいるでしょう。
仕事で疲れて帰ってきたときにすぐ眠ってしまうこともあるのではないでしょうか。
そんなときのために、「定番のコーデを決めておく」のもおすすめです。
“人と会う時に着る服”を用意しておきましょう。
余裕があれば、定番コーデは2、3通り決めておくことをおすすめします。

・どんな服でも合う靴を用意しておく
服が決まっても靴が合わなければ、最初からやり直しになってしまうこともあります。
そこで、どのような服でも違和感のない靴を持っておくと非常に便利です。
シンプルなデザインのパンプスなどがおすすめです。

時短術は毎日少しずつの工夫で、その効果をより活かすことができます。
朝の時短が上手にできれば、仕事を始めるときも気分よくスムーズに進められるでしょう。
また仕事がスムーズに終われば、夜もリラックスできるというもの。

毎日少しずつ効率を上げて、余裕のある生活を実現しましょう。