派遣・転職・求人・教育サポートなら総合人材サービスのシグマスタッフへ

オンライン仮登録 スタッフ専用ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

未経験からでもOK! 看護助手ってどんな仕事? 原因と対策は

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

未経験からでもOK! 看護助手ってどんな仕事? 原因と対策は

未経験からでもOK! 看護助手ってどんな仕事? 原因と対策は

未経験からでもOK! 看護助手ってどんな仕事? 原因と対策は

人手不足の医療業界は求人が豊富ですが、看護師などは資格がないと難しいと思っていませんか?
看護助手は看護師のサポートをする、医療行為は行わない仕事です。

資格は不要なので初心者でもOK。医療現場の「縁の下の力持ち」である看護助手について見てみましょう。

未経験OK! 看護助手とは何をする仕事?

看護助手とは、医療現場で看護師のサポートをする人のことです。
看護師は、医療行為を行える国家資格ですが、現場では医療行為だけでなく患者さんの食事、着替え、排泄などの介助、ベッドメイキング、備品の管理や患者さんの誘導といった医療行為外の仕事もたくさんあります。
すべてを看護師だけで行うとパンクしてしまうので、投薬や機器の操作といった医療行為以外の作業を行う専門スタッフが置かれるようになりました。
これが看護助手という仕事です。医療行為はなく、基本的に医師や看護師のお手伝いをするのが仕事なので、資格は必要ありません。

看護助手という仕事は以前からありましたが、近年の看護師不足を受けて、看護助手を取り入れる医療現場が増えてきているので求人数も増加傾向です。

看護助手に必要なスキルは?

医療行為は行わないので特に資格は必要とされない仕事ですから、未経験からでも挑戦可能です。
求められる役割としては、雑用の他には主に看護師業務のサポート。患者のケアなどを行うので看護師やヘルパーなど医療・介護の知識があると仕事を覚えやすいでしょう。

また、医師、看護師、患者の間に立って様々な業務を請け負うのでコミュニケーション能力や、小さなミスが命取りになる医療現場なので、強い責任感としっかり仕事を行える能力も必要です。
看護助手が担当する業務は病院や施設によって異なりますが、看護師や病院側から指示を受けるので、高度な判断を求められることはあまりありません。

しかし、医療現場はとても忙しい場所なので、求められていることを的確にこなすスキルが必要です。

看護助手のメリットややりがいとは?

看護助手のメリットややりがいとは?

看護助手のやりがいは、なんといっても患者さんやそのご家族等、人の役に立てることではないでしょうか。医療助手として働く人に対するアンケートで、1位は「ありがとうと言ってもらえること」となっていました。

看護助手は“感謝される仕事”とも言えそうですね。
仕事をした相手からの感謝の気持ちは、やはり何物にも変えがたいものです。

また、資格不要な仕事であることから、一段下に見られがちな看護助手ですが、実際は医療現場になくてはならない存在です。
現場の一員として、必要不可欠な存在であることにやりがいを感じる、と答えた人も多くいます。

看護助手のメリットは、特別な資格なしに医療業界で働けるという点です。
また、看護師の人手不足から看護助手の求人が多くなっているため、未経験でも採用されやすい傾向があります。
専門知識が身につくので、看護師や介護士など医療・介護の道にステップアップしやすいというメリットもあります。

正社員の求人はもちろん、パート求人も多く子育て中の女性でも融通が利きやすい看護助手。
求人も多く、未経験でも採用されやすい仕事なので、医療業界に興味があるなら挑戦してみてはいかがでしょうか。