派遣・転職・求人・教育サポートなら総合人材サービスのシグマスタッフへ

オンライン仮登録 スタッフ専用ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

看護助手さん向け! 履歴書の書き方

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

看護助手さん向け! 履歴書の書き方

看護助手さん向け! 履歴書の書き方

看護助手さん向け! 履歴書の書き方

個人病院の前に貼りだされている「看護助手さん募集」の張り紙などをご覧になったことはないでしょうか?

看護助手とは病院やクリニックなどで、看護師さんのサポートをするお仕事。
実はこの看護助手という職業、看護と名前はついているものの決まった資格は必要ありません。
場合によっては未経験でもOKなんて募集も。

今回は看護助手に応募する場合の履歴書の書き方をご紹介します。

経験があればそれがベスト

未経験OKと募集要項にあっても、もちろん経験があるに越したことはありません。
以前の職場での職歴などを記載しましょう。

面接などで退職理由を聞かれた場合には、以前の職場を悪く言ってはいけません。
誰かの悪口を言うというのは、それだけで印象を悪くしてしまうものです。

「給与が原因で」、「休日が取りづらくて」、などの理由もあまりおすすめはできません。

医療や介護への敬意と理念を述べましょう

経験者であれ未経験者であれ、介護、看護に携わろうとするのであればなんらかの想いがあることが多いかと思います。
自己PR欄や志望動機の記入欄には、介護職、看護職に対する理想や想いをしっかりと書きましょう。

その際には、応募先の提示している理念に共感している、などを盛り込めばより良い志望動機になると思います。
給与がいいから、という理由もあるでしょうが、それだけでは十分ではありませんし、日本では金銭に関することを表に出すことはあまり好かれませんので、書かないほうが無難でしょう。

得意な事柄を述べる

得意な事柄を述べる

看護助手に必要とされるいくつかの能力のうち、自分の能力であてはまると思われるものをアピールしみましょう。

1:医療関係の技能
医療機関への応募であれば、医療にかかわる技能をアピールしましょう。
経験や資格があればそのこともあわせて記載します。

2:人とのコミュニケーション能力
看護助手は基本的に患者さんと接触する職業ですから、ある意味ではコミュニケーション業務とも言えます。
資格を持たない場合にはフィジカルな医療的措置はおこなえない訳ですから、なおさら、患者さんのメンタルとつきあっていくというのが重要になってきます。
そのため、コミュニケーション能力の高さは充分なアピールポイントとなると言えるのです。

3:運動能力のアピール
これは瞬発的な能力というよりも、継続的なスタミナ。そして体を動かすことを厭わない性格も含みます。
看護助手はデスクワークよりも肉体労働が多く、体力勝負になってくることも少なくありません。
もしも体力に自信がある場合は、是非それをアピールしてみてください。

看護助手の募集については未経験、無資格でもOKという現場が数多くあります。
医療や介護の末端に触れ、その世界を見てみたい、いずれは介護関係の資格を取得したいという場合などにも、応募してみるのはよいかもしれません。

「シグマスタッフ」は派遣の求人もあるので、興味のある方は利用してみてください。